競艇でお金を増やすためのブログ

競艇というスポーツを理解してもらいながら少しずつお金を増やせる知識を身につけていくことを目的としたブログです

競艇場の特徴【尼崎編】

みなさんこんばんは!

先日は常滑でトコタンキング決定戦が開催されましたね!

このブログでも書いたようにインが強い競艇場ですのでイン逃げの展開が非常に多かったです。

ただ、競艇場の特徴を抜きにしても強豪選手ばかりが競っていますので、インが強くなるのは当たり前と言えば当たり前なんですが!笑

 

G1やSGでは競艇場の特徴よりも選手の得意不得意などの方がレースに影響すると私はかんがえていますので、こちらは選手の研究が必要だと思います。

ですから、強豪選手に詳しくなるまでは一般戦の方が実力差が大きく予想しやすいはずです!

 

 

さて、今回は尼崎競艇場について書いていきたいと思います。

この尼崎競艇の一番の特徴は、2マーク、センターポール、1マークが1直線上に並んでおり、1マークもスタンド側に振っていないことではないでしょうか。

 

インを取った選手は、十分に余裕を持った旋回半径で1マークを回ることができるため、基本的にはインが強い水面のはずです。

しかし、イン絶対ではない理由があります。

それは風です!


冬場には「六甲おろし」、夏場には「甲子園の浜風」と、それぞれ向かい風が吹きます。

 

そのため、ダッシュをつけた選手が向かい風の中を力強く出ていきまくってしまうパターンが結構あるのです。

こうなると私の中では予想が乱れてしまいます。

 

ただ、ある条件の日は競艇の作り通りインが強くなるのです。それは雨で無風の日。

もちろん追い風が吹くときでもインが強いのですが、雨で無風の日の方が安定してインが決まりやすくなります。

 

そんな尼崎競艇ですが、インが強いといっても意外に結果の中には3-2-1や3-1-2、2-3-1などが多い気もします。

そこで私は少し怪しいなと感じたら123BOXはおさえておくことにしています。

 

こうすることで思わぬ高配当を手にできることもあるので、多少旨味が減ることもありますが、保険はかけた方がいいです。


風向きに影響されてしまう尼崎競艇ですが、

雨で無風の日は稼ぎ時とも言える競艇場だと思います!!

 

以上が尼崎競艇の特徴になります。

 

この調子で残りの競艇場も特徴を書いていきますが、全国の競艇場を一周したら今度はもう少しデータを調べたページなんかも書いていきたいなと思うっています。

 

また、読んでくださる方の役に立てる記事したいので、興味あることや疑問、ダメだしなんかでも構わないのでコメントなどをもらえると嬉しいです。

 

少しでも多くの方の役に立てるように

これからもがんばっていきます!

競艇場の特徴【住之江編】

おはようございます。

みなさん、予想の方はどうでしょう?

しっかりいい思いできますか?

私は惜しいところで勝ち舟券を取れずに悔しい思いが続いています。

やはり、勝負である以上は選手の皆さんも全力ですから、必ずしも実力通り、予想通りというわけにはいきませんよね。

しかし、そんな中で、少しでも予想の参考になるような内容を書いていこうと思います!!

 

さて、今日は住之江競艇ということですが、

皆さんはどんなイメージでしょう??

 

私はついにきたな!

という感じです。。笑

 

住之江は競艇のメッカと呼ばれはこともあり、

とても競艇の盛んな地域です。

 

競艇界の最高峰レース、賞金王決定戦の開催回数も別格に多くなっています。

今年も住之江で開催されますしね!

 

そんな住之江競艇場にはどんな特徴があるのか、考察していきましょう!!!

 

まず、水面特徴ですが、水質は淡水だが硬いのが特徴だそうです!

そして私たちに嬉しいのは、スタンドから水面までの距離が近いため、迫力あるレースがより近くで見られることです。

(これは観客目線ですが。。)

 

レースという意味では、護岸までの距離も短いので、消波装置があっても波が消えにくいです。

特に2マークではスタート時にできた波が護岸に当たって戻ってきてしまい、ちょうど選手たちが2マークに差し掛かる頃とぶつかります。つまり2マークには複雑な波が立ってしまうということです。

これによりモーターにパワーがないと引き波を乗り越えられずボートが暴れるため、2マークでの逆転に注意しなければいけません。

 

特に冬場の追い風の強い日には、2マークのスタンドからビル風が水面に吹き込んできます。これも2マークでの逆転劇を多くする原因となっています。

そして、コース別の特徴としては、

全国の競艇場の中でもトップクラスに1コースが強く6コースが弱くなっています。

その為、舟券の予想は基本はイン戦からになるでしょう。

水面が硬いため、2コース差しが難しく、外からのまくりも絞らないと流れてしまいやすいので、必然的にインが強くなっています。


ですので、この住之江ではインから内⇒中⇒外と予想するのが基本になるでしょう!

ただ、まくり差しの2着はそこそこあるので、5コースあたり選手には注意が必要です。

 

そして、2コースから差しを決められる選手のモーターはかなり出ているモーターということになりますので、その後の動向に注目です!

 

私個人としては、準優や優勝戦のような力に差のつきにくいレースでインからガチガチの舟券を大きく買うのが住之江らしいかなと思います。

 

参考にしてみてください!!

競艇場の特徴【琵琶湖編】

こんばんは!

また少し更新が滞ってしまいました。

やはり毎日の更新は難しいです、、、

 

さて、今日は日本一の湖にある競艇場

琵琶湖競艇について書いていきたいと思います。

琵琶湖競艇の競走水面はその名の通り、琵琶湖の一角にあります。

淡水で水が硬いのが特徴で、まくるとき波に負けてボートが跳ねてしまい流れることもしばしば。

 

そして、標高が86mあって気圧が低いため、モーターの燃料効率が弱くなり他場と比べてインコースが弱い傾向があります。

それはインコースからスタートしても3.4コースに伸びられ差しが入ってしまうからです。

1コースの1着率が35%程度しかなくインが弱い上に、まくりも流れやすい。

つまり、差しに注目するべきということになります。

 

また、琵琶湖にはミシガンという琵琶湖を周遊する外輪船があります。

このミシガンが競走水面のそばを通過した後、しばらくすると水面にうねりが出るので、こちらも注意が必要です。

他にも、バックストレッチは最内コースを走ると伸びやすいという特徴もあります。

そのため、6コースから最内を差した選手がバックストレッチで伸びて、2マークを先取りして1着!というケースや、4.6コース差しの選手が舟券に絡んでくる展開が多くあります。


こうした理由から琵琶湖は高配当が多いというのが私の印象です。

ですが、他の高配当が多い競艇場と比較すると私は予想がしやすいように感じます。

3.4コースの差しからアウトコースを2着を予想するというパターンです。


ミシガンの通過時間など、なかなか予想しにくい要素もありますが、案を軽視し、最内差しに注目していれば思わぬ高配当にたどり着ける競艇場だと思います。

 

オッズに惑わされず、自分の予想に自信を持って舟券を買ってみてください!

競艇場の特徴【三国編】

こんばんわ。

関東から始めた競艇場の特徴も徐々に西の方にやって来ました!

 

今日の三国競艇場日本海側唯一の競艇場です。

夏場は日本海からの海風が吹き、冬場はシベリア寒気団からの強い北風が吹ため、総合してホーム追い風の日が多くなります。

追い風が吹く影響もあり、イン逃げのレースが多いのが特徴です。


逆にインが負けてしまうときというのは、1号艇がターンした直後に風を受けて流れるケースです。

このような2.3コースからの差しが決まります!

 

そして三国競艇場はピットから2マークまで150mと距離があります。

その為、ピット離れによってはコース取りが乱れることも少なくありません。

こうなると4.5コースからのまくり差しが決まりやすくなるのです。

ただ、どのような場合でも6コースは厳しい展開になりますので軽視して大丈夫だと思います。

 

コース別の勝率では1コースが強いのは当然として、注目すべきは2コースの1着率が高い点です。

やはり、1コース流れて差しが決まる展開には注意が必要でしょう。

 

舟券を買う際のポイントは、

基本はインが強いためインコースから組み立てていきましょう。

そして、周回展示で、回り足チェック!!

コーナー立ち上がりが流れるようなら差しやまくり差しの展開を考慮する必要があります。

いずれの場合も6コースは思い切って忘れてしまっていいと思います。

 

逃げと差しの展開予想が難しい時は、

個人的には123ボックスもオススメです!

予想外の高配当を当てることができることもありますよ!

競艇場の特徴【津編】

おはようございます!

最近は連日の更新することができていて、個人的にとても充実しています!

 

ボートレースメモリアルを見ていたらボートレース熱が高まってしまったからですかね。笑

 

さて、今日は津競艇について考えてみましょう。

実は私、津競艇はなんとなくあまり舟券を買ってこなかったんです。。

このブログを書き始めたこともあって改めて津競艇について考え直してみました!

 

今回のテーマである津競艇は、1Mホーム側の幅が全国でも2番目に広いのが特徴です。

さらに、水質は淡水ですが、海のそばにあるため半海水のような感じでした。

夏場は季節風にさらされ、冬場は鈴鹿山脈からの吹き降ろしをまともに受ける場所にあるため、強風が吹くと水面コンディションは急激に悪化してしまいます。

このような特徴から東海地区の中でも一番荒れる水面と言えるでしょう!

つまり予想が難しい。その代わり高配当が期待できる競艇場とも言えるのも事実ですね。

 

固いレースを狙いがちな私が無意識に避けていたわけです。。笑

 

データ上では1コースの1着率が普通に高く見えるのですが、やはり風の影響で大きく必ずしも1コースから考えるは言えないのが難しいところですね。

特徴が似てるのは桐生競艇場でしょうか?

桐生の赤城おろしと同じく特徴をわかっている地元選手が有利になってきます。

向かい風と追い風で2艇身くらい変わってしまうのでその節で早めにスタート勘をつかんでいる選手に注目してみましょう!

競艇場の特徴【常滑編】

おはようございます!!

昨日紹介した蒲郡に続いて今日は常滑競艇場です。愛知県内には2つの競艇場があり、選手に憧れている人の数もなかなか多いみたいですね!

 

では特徴を探っていきましょう!

 

この常滑競艇場では夏は午後になると海側(西)から風が、冬は北西の季節風が海を渡って吹きつけます。

どちらもスタンド方向からの風となるとで、1年を通して向い風が吹きやすい競艇場です。


この向かい風の強いときはアウトからのまくりに注意が必要!!

それ以外の時はインから順当に買うことをお勧めします。

多少の向かい風程度ならインが強いのでイン逃げから入るのを基本にしていいと思います。

しかし、向かい風が強いときはまくれる3.4コースか抵抗したときの2コース差しがよく決まります!

 

このように風の影響を強く説明してきましたが、水面自体は防風ネットがあるので水面はそこまで荒れることはありません。

 

3.4コースの選手がまくれる選手なのかという点に気をつけて買って行くのがいいと思います!!

競艇場の特徴【蒲郡編】

こんにちは!

昨日はボートレースメモリアルの優勝戦でしたね。

メモリアルも終わると夏も終わるなー、という感じで子供の頃に24時間テレビで夏休みの終わりを感じていた時のような気持ちになります。

夏が終わるといよいよ賞金王(年末)に向けて気持ちが向かっていく気がする私。

ちょっと気が早いですかね?笑

 

そんな夏の終わりのメモリアルは寺田選手の圧巻のイン逃げで幕を閉じました。

終わってみれば本当に寺田選手のためのメモリアルだったな、という感じです。

完全優勝ということですが、こうなると2着悔やまれる気もしますね。

というのも私、寺田選手が2着のレースを1着からしか買っていなかったのです!笑

悔しい!

 

まぁ、私の話は置いておいて、とにかくすごい仕上がりでした。

おめでとうございます!!!

 

さて、ブログの本題は競艇場の特徴ということで、今日は蒲郡です!

 

蒲郡競艇場といえば近年リニューアルが行われとても綺麗なレジャー施設のようになっていると聞きます。

私自身行ったことはないので是非近いうちに足を運びたいです。

 

そんな蒲郡競艇場は、1マーク明けてからのコース幅が24場の中でもトップクラスに広いのが特徴です。

そのため、旋回する時に対岸にぶつかる危険性が少なく、スピードに乗った豪快なターンで攻めることができます。

つまり豪快にまくっていく選手がたくさん見られるのです!

海の近くに位置していますが、湾の内側にあるため風の影響は少なく、安定板が付くこともあまりありません。

 

コース幅が広いこともあり、インから全速で回っていけるため、絶対的にインが強いです。

まくりが多くみられますが、やはりインから全速でいける艇が強いということですね!!

まくり4カドの一撃を穴として狙っていくということでいいと思います!

 

インの強さは住之江競艇場に似たものがありますが、住之江より2コース差しが入りやすいのでさらに本命狙いがおすすめといったところでしょうか。。

 

本命決着が多い蒲郡競艇場だからこそ、私にとってはメインの競艇場の一つです!

 

インを重視して、穴を少し。

そして何よりも点数を絞って買いましょう。

 

そのためにはレースを吟味することが大事ですので、蒲郡競艇レースサイトも参考にして自信がないときは見送るのが大切になりますよ!